心を光で照らす華珠chizukoのつぶやき

2021年(令和3年)お盆はいつから?

ブログ

目次

2021年(令和3年)のお盆はいつからいつまで?

2021年(令和3年)のお盆は、8月13日(金)から16日(月)です。お盆の日程は地域によって違い、東京・函館・金沢などの旧市街地では、7月13日(火)から16日(金)と1ヶ月早い7月盆になります。また、沖縄のお盆は旧暦で行うため毎年日付けが変わり、2021年は8月20日(金)から22日(日)です。初めて帰省した際に、お盆の時期が違う?という事もあるのでご注意ください。

そもそもお盆とは?7月盆と8月盆の違いは?

そもそもお盆とは、日本古来の祖霊信仰と仏教が融合した行事です。お盆になると亡くなった家族やご先祖様の霊が、あの世(彼岸、浄土)からこの世(此岸、現世)に帰ってくるとされています。一般的には13日にお墓参りをして、夕方に家の門前で「迎え火」を焚き、帰ってくる霊をお迎えします。お盆の期間は、精進料理をお供えしたり盆提灯を灯したりして、16日の夕方になると、今度は「送り火」を焚いて送り出します。送り火のなかには夏の風物詩になっている伝統行事もあり、お供えを藁や木で作った船に乗せて川や海に流す「精霊流し」や山でかがり火を焚く「大文字・五山送り火」が有名です。

またお盆の時期が地域によって異なる理由は諸説ありますが、ひとつは明治時代にグレゴリオ暦を採用したことが関係しているとされます。明治時代、旧暦から新暦に変わり、元々旧暦7月15日に行われていたお盆が、新暦7月15日に変更となりました。しかし新暦7月15日は農繫期であり作業に支障が出るため、時期を遅れさせ新暦8月15日をお盆とする地域が多くなりました。逆に繫忙期と重ならない地域は新暦7月15日をお盆としています。

お盆は何をすればいい?

お盆の流れについて簡単にご説明します。

1~11日【準備期間】
・お寺様への依頼
・仏壇の掃除
・盆提灯、精霊棚の用意

12日【お迎え準備】
・お供え、お花の用意

13日【迎え盆】
・お供え
・墓参り
・夕方、迎え火

14・15日【お盆中日】
・お供え
・法要、読経

16日【送り盆】
・夕方、送り火

==============================

1,東京、函館、金沢地方は7月13日がお盆(旧暦)  

2、他の地域は8月13日から(グレオ暦)

3、ご先祖様は、曽祖父や曽祖母までではなく過去帳があれば確認してみる

4、ずっと前、鎌倉時代までのご先祖様も帰ってくる

5、心を込めて、お墓参りや御仏壇でご挨拶をして下さい、お見送りもして下さい。 ◎詳細は後程ブログに書いておきますのでご覧ください。

 

お問合せはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました