心を光で照らす華珠chizukoのつぶやき

「クリスマスの奇跡」

こころの灯

【クリスマス】クリスマスの起源とイエス・キリストについて (1 )

1、クリスマスの起源

・クリスマス 12月25日はイエスキリストの誕生日ではは無く、誕生を祝う日です

・イエスが生まれた日時は正確に分かっておらず、カソリックにおいてイエスの誕生を祝うことになったのが「クリスマス」の始まりです。

・「クリスマス」とはキリストのミサと言う意味です。

2、イエスキリストの誕生を祝う日で誕生日ではない

・12月24日クリスマスイブは、誕生日前祝いではなく、誕生した事を祝う日です。

・クリスマスが到来した事を祝う日であり、キリスト教の前身はユダヤ教、ユダヤ暦では1日の終わりが夜中の0時ではなく日没なので、日没からお祝いをします。

3、キリストの意味

・キリスト=救い主・救世主・メシア・ヨシュアです。ナザレのイエスが後にイエスキリストと呼ばれるようになります。

4、大天使がブリエスの予言

・ナザレに住むマリアが大天使ガブリエルに「あなたはもうすぐ神の子を宿します、その子に

イエスという名をつけなさい!と予言されて生まれたのがナザレのイエスです。

5、クリスマスプレゼント由来

・ミラに住む聖ニコラスはキリスト教の主教。神学者であり理キュアのミラで大主教を務めた方で

「セント・ニコラス」オランダ語読みで「サンタクロース」になるそうで、大主教でありながら

貧しい人々に善行をおこなったことによりクリスマスにプレゼントをあげるようになったと伝強されています。

*クリスマスイブ・クリスマスは降臨を祝う日  教会のミサは誰でも参加できます

【クリスマス】クリスマスの起源とイエスキリストについて1

お問合せはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました