心を光で照らす華珠chizukoのつぶやき

【亡くなった人】幽界はどんなところ?

ブログ

【亡くなった人】幽界はどんなところ?

*宗派により呼び方は変わります

1、幽界とは亡くなった後の魂が一番最初に行く場所と言われています。

2、肉体から離れたばかりの魂には生前の、憎しみ・恨み・悲しみ・苦しみなど様々な  想念がまとわりついているので、全てを脱ぎ捨てる場所、自分の人生を振り返ってみる場所

3、成仏している人は自分の人生を振り返った時受け入れることが出来る

4、49日の間は現世に近いこの幽界にいるので、人生を受け入れ謝罪や後悔も手放すことができるので一つ上の「霊界」(あの世・転生の準備をする場所)に上がれます。

5、幽界には何がいるのか?犬や猫、ウサギなども一旦この幽界へ行きます。

6、幽界に多いのは、不成仏霊で、うじゃうじゃ存在し勘の強い人や霊感のある方に憑依しますので対策をご用意ください。(シール、鏡、スプレー、粗塩、パワーストーンなど)

*稲荷神社に祀られている神様の名前は「宇迦之御魂大神(ウカノミタマノオオカミ)」でキツネはこの神様が人間に見える形で俗界に遣わした「使い」(=神使)という存在です。 眷属(けんぞく)ともいいます。

7、本来上級霊の使い手である狐もエセキツネとして存在し、神様の姿に化けて人間を騙します。 幽界にいる狐はただの動物霊です。  

(憑依されかけた経験ありますが、???何かがおかしいと感じます)

8、なんと龍神様のエセ龍神も存在しますので、むやみに信じず繋がりを求めず本来の龍神の力や姿を理解して宮司さんのいる神社で繋がるようにして下さい。

9、キツネも龍神も「私が繋げてあげます!」と言う人は疑って下さい。

10、エセキツネも龍神もある程度の予知や霊視能力は持っていますが無闇に信じず、体調が悪くなったらきちんと除霊や浄化をしていただいて下さい。

*今回はキツネや龍神の画像は、邪気が入り込むと申し訳ないので載せておりません。

*みなさまの魂が幽界にとどまることなく霊界へ行けることを願っております。

お問合せはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました