心を光で照らす華珠chizukoのつぶやき

【開運】年末年始にやるべき運気をアップする方法

ブログ

神棚の誕生

神棚を祀る文化が誕生したのは江戸時代の中期と考えられています。その頃、伊勢神宮の御神徳を全国各地に説いて回る「御師」が出現し、伊勢神宮の御神札を配るようになりました。この御神札を祀るために誕生したのが神棚と考えられています。また、当時の神棚は簡素な造りでしたが、時代を経るにつれて現在のような宮型の造りになったといわれています。

神棚の設置場所

一般的に、太陽が昇る方向・または東向き
設置は、家族の誰もが毎日のように目にすることができる、明るく清らかな場所にするのが一般的です。お参りする方々の目線よりも高い位置が良いでしょう。また設置の際は、神棚の正面が南か東を向くように祀るのが望ましいとされています。
望ましくない場所としては、トイレやその付近、または人の出入りが激しい場所、仏壇の向かいなどが挙げられます。

神具とお供え物

神棚を設置する際にはいくつかの神具を揃えます。一般的には、榊を立てる「榊立(さかきたて)」、お酒を入れる「瓶子(へいじ)」、お水を入れる「水器(すいき)」、そして「神鏡(しんきょう)」や「皿(かわらけ)」などが必要です。

お供え物は、神棚の中央にお米、向かって右側にはお塩、左側にはお水を置いて飾るのが慣習です。

また、榊立に飾った榊は毎月1日と15日に交換するのが一般的です。それ以外の日に枯れた場合は、その都度交換しましょう。
特別な日には特別な飾り方があります。例えば家庭内の祝いごとの場合は、お神酒(おみき)や尾頭付きの魚、季節の野菜や果物などをお供えします。

神棚には、おお供え物以外にお札を祀ります。お札にはさまざまな種類があり、また種類によって祀る場所が異なります。
まず神宮大麻(じんぐうたいま)は天照大神(あまてらすおおみかみ)のお札で、八百万(やおよろず)の神の中で最も尊いと考えられています。そのため、飾り付けは最上位の中央です。
次に上位とされるのは向かって右側で、産土神(うぶすながみ)や氏神様(うじがみさま)のお札を祀ります。
向かって左には自分が祟敬している神社のお札を飾ります。

飾られるお札の数は、三社造りの場合3枚が一般的ですが、それ以上でも問題ありません。飾り方は、氏神様のお札に重ねるという説と崇敬神舎のお札に重ねるという説がありますので、清祓の際神職の方に尋ねましょう。神宮大麻のお札には絶対に重ねないようご注意ください。
一社造りの場合は、一番手前に新宮大麻、次に氏神様や産土神、その後ろに崇敬神社の並びで飾ります。

正月飾り

年末には、年神様(としがみさま)を迎えるために正月飾りを行います。
まず、一年の無事を感謝しながら掃除をしましょう。掃除の具体的な時期に関しては、12月の29日と31日を除いた吉日にするのが良いといわれています。29日は「二重苦」を連想させ、31日は新年の前日であることから軽んじていると考えられているため避けるのが一般的です。

主な正月飾りには、しめ縄と鏡餅があります。

しめ縄

しめ縄は一年を通して飾ることができますので、既に飾っている場合はしめ縄に正月飾りを施します。正月飾りは1月7日に外すのが一般的といわれています。また、そのタイミングで交換すると、1月15日に行われるどんど焼きで処分することができます。
種類は太さが一定のものと左右の太さが異なるものがあり、左右の太さが異なるものは「大根じめ」と呼ばれます。「ごぼうじめ」と呼ばれる細めのしめ縄もあります。取りつけ方には地域差がありますが、多くの場合は神棚に向かって右が太い方になるように取りつけられます。

鏡餅

正月準備として、玄関や床の間に鏡餅を飾る家庭は多いでしょう。鏡餅は、正月飾りとしてお米の替わりに神棚に飾ることができます。
基本的には、まず三方(さんぽう)と呼ばれる奉書紙や四方紅(しほうべに)と呼ばれる四方が紅く彩られた和紙の上に、紙垂(しで)や裏白(うらじろ)、譲り葉(ゆずりは)を置きます。そこに鏡餅を乗せたら橙(だいだい)や昆布を飾って完成です。橙が置かれるのは、果実は冬に熟しても落ちにくく1本の木に何代にもわたって果実がなることから、家族の繫栄を示しているためといわれています。
地方によって飾り方に違いがあり、黒豆や伊勢海老、するめなどの縁起ものを飾ることもあります。飾られた鏡餅は、1月11日の鏡開きで食べるのが一般的です。

9が付く日は避けて掃除する

9が付く日は「苦しむ」ことを連想させてしまうので、縁起が悪いといわれています。
特に29日に大掃除をした後、門松を飾ってしまうと「九松」=「苦待つ」を連想させてしまうのでNGです。

31日までに掃除は終わらせておく

31日にバタバタと大掃除をすると、正月飾りを飾るのがどうしても31日からになってしまうかと思います。
31日に正月飾りを飾るのは一夜飾りと呼ばれており、神様を迎える気持ちが足りないということで失礼に当たります。

29日は「九松」で縁起が悪いので、最低でも30日までには神棚の大掃除を終わらせておきましょう。

神棚の掃除で注意すること

神棚を掃除する際、やってはいけないことや注意しなければならないことがあります。気持ちよく新年を迎えるためにも、注意点を押さえておきましょう。

神棚は床に置かない

神棚を棚板から下ろした時、ついつい床に置いてしまう人がいます。しかし、床に神棚を置いてしまうと、神様の目線が自分の目線より下になってしまうという大変罰当たりなことが発生してしまいます。神棚は床にはおかず、台や机の上に置くようにしましょう。間違っても自分の足元に置いてはいけません。
また、神棚を降ろす際は神具を全て取り出してから降ろすようにしましょう。神棚を下ろした際に固定されていない神具が落ちてきてしまうのでとても危ないです。

汚れた掃除道具を使わない

神様は「穢れを嫌う」と言われています。そのため、汚れている雑巾や掃除をした後の雑巾は使用しないようにしましょう。神棚の掃除には「神様を清める」という意味合いがあります。新品の雑巾や布を用意して掃除を行いましょう。

掃除前に必ずお清めと神棚への挨拶をする

神社でお参りをする際、手水舎で清めてからお参りします。これには、穢れを落とすという意味合いがあります。神棚も同じようにお清めをしてから触れましょう。また、神棚への挨拶も欠かせません。

交換した御札をゴミに出さない

神棚を掃除した際に交換した御札はゴミとして処分してはいけません。御札には神様が宿ると言われています。交換した御札は神社に「古札」として納めましょう。
古札として納めると神社ではお焚き上げをしてもらえます。炎で浄化することで清められると考えられています。
同様に、交換した紙垂やしめ縄も燃えるゴミとして出さず、古札と一緒にお焚き上げしてもらいましょう。


今回は
・神棚を掃除するのは9のつく日と31日以外、できれば12月上旬が好ましいこと
・神棚の大掃除に一番必要なのは神様への敬意であること
などをご紹介してきました。

神棚は普段掃除するのを忘れがちな場所です。年末にせっかくお家の大掃除をするのなら、神棚もきれいにしておきたいものですよね。

年末は休暇もあるので、掃除のためのまとまった時間が取りやすい時期です。年末こそ神棚の大掃除を行ってみてはいかがでしょうか。

【開運】年末年始にやるべき運気をアップする方法

 お問い合わせはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました