心を光で照らす華珠chizukoのつぶやき

霊感が強い人が陥りやすいこと

ブログ

憑依体質とは何か?. 憑依体質とは、簡単に説明すると霊感が強かったり、霊的な影響を受けやすい体質の人のことである。.

またこの体質を持つ人には、神霊的なものが寄り付きやすいという特徴もあるようです。.

一般的に言われる「霊感が強い人」もこの憑依体質である場合が多く、普通の人には見えないものが、見えたり、聞こえたりする経験をすることがある。.

単に見えたり聞こえたりだけではなく、心や体が何らかの反応をすることも良くある。. 憑依体質の人は、見えないものを感じる感受性が普通の人より高いといえるでしょう。.

『日本人』の『霊感が強い』!『霊格が高い』昔の話

『日本人』の『霊感が強い』、『霊格が高い』昔の話は、霊感」が心を感じる力であるためです。

昔の「日本人」は、物には魂が宿る考え方を持ち合わせており、自然には魂が宿るとも考えられていまして、今ではその傾向も弱まっており、昔の「日本人」の方が心を感じる「霊感が強い人」が現れやすい話でもあります。

このブログでは魂の成長として、何度も話をさせていただいていますが、知識の成長が知識の一つ一つの気づきであり、心の成長である「霊格」の成長も同じく、心からの一つ一つの気づきになるのです。

霊格」が高まれば、精神的な意味で存在力が高まり、他者の心を満たす創造力も高まり、心の気づきが多い分だけ物事を見る視野も広がりやすくなります。この話は難しい話ではなく、精神的な意味で「大人」になる話です。

昔の「日本人」は、心で感じる「霊感が強い」状況もありまして、仏教などの影響により、心からの一つ一つの気づきに価値を置く傾向があり、全ての人とは言い切れませんが、割と、「霊格が高い」人々も現れやすい時代だったと思われます。

今日の日本人は、それほど心からの一つ一つの気づきに、価値を置く傾向が高いとも言い切れず、また、心を感じる「霊感」についての認識も無く、魂として考えた場合、昔の人の方が高い精神性を持ち合わせていたとも言えるのではないでしょうか。

私が、少し疑問に思った内容として、昔の海外の人々と、日本の人々の違い、なぜ日本は、独特な高い文化を生み出してきたのか、海外では生み出すことができなかったのかとの疑問が現れました。

昔の『日本人』が『霊感が強い』、『霊格が高い』、昔の海外との違い

昔の『日本人』が『霊感が強い』、『霊格が高い』、昔の海外との違い
昔の『日本人』が『霊感が強い』、『霊格が高い』、昔の海外との違い

昔の「日本人」が「霊感が強い」、「霊格が高い」、話において、昔の海外との違いが見えてくる内容もあるかと思われます。

海外と言っても、ヨーロッパや、東南アジアの国々によっても話が変わってくるかもしれませんが、それと比べたとしても、特徴的な内容があるかと思われます。

先にいましたが、昔の日本人は、物には魂が宿る考え方が、縄文時代からあり、この文化が、日本の基礎的な独特な文化の柱でもあるでしょう。

そして海外の文化の共通的な内容としては、ある共通的な価値観を、みんなで共有しあい、それ以外の内容は、排除する文化が大いに見られると思われます。

例えば、キリスト教の考えにおいては、その世界観が正しい内容であり、違った考え方は、異端として、見られてしまう様な内容です。

そのため、その世界観から、新たな変化のある成長が現れにくくなりまして、国としての成長が、それほど高くはない国々が多いかと思われます。

日本の田舎でも、同じ価値観を共有しあい、違った考え方は、異端として排除されることもありますが、都会においては、様々な価値観を受け入れ、それが新たな化学反応を起こし、日本の文化を大いに高めてきたとも思われるのです。

海外の人の方が、『霊感が強い』、『霊格が高い』人々が現れる時代
海外の人の方が、『霊感が強い』、『霊格が高い』人々が現れる時代
海外の人の方が、『霊感が強い』、『霊格が高い』人々が現れる時代

海外の人の方が、今後、「霊感が強い」、「霊格が高い」人々が増えてくる可能性があります。

現在でも、海外では、日本の文化に人気があり、心に意識を高く持つ海外の人々が、日本のアニメなどの影響なども含め、従来と比べると増えている傾向にあるのです。

その中には、知識の一つ一つの気づきはもちろんのこと、心からの一つ一つの気づきもあるでしょう。

日本の文化に憧れを持つのは、日本の文化の精神的な意味での存在力が高く、日本の文化にカリスマ性が表れている話でもあるためです。

そして、海外の人が、特に日本の文化の高い評価を感じるのは、昔の日本人の「霊感が強い」、「霊格が高い人」が生み出してきた、日本の文化である傾向もあります。

現在の日本人、心を感じる「霊感が強い」とも決して言い切れず、心からの一つ一つの気づきに、価値を置いているとも言い切れず、現代の日本人が、昔の日本人の様に、高い文化を生み出せるとも言い切れません。

現に、昔と比べると、日本の創造力は、落ちているとも言われていまして、全てとは言い切れませんが、今後、様々な海外の国々に追い越されてしまう可能性もあります。

霊感が強い」、「霊格が高い人」になるには、心を感じる気持ちに価値を置かなければなりません。

この気づきに気づきが現れるとも、思われないため、今後ますます、日本の経済力は、落ちてくる可能性があるかと思われます。

また、知識の成長が知識の一つ一つの気づき、心の成長である霊格の成長も同じく、心からの一つ一つの気づき、この考えも大切な話でありまして、この気づきについても、ほとんどの方が、気づかれない中で人生を終わらせてしまう可能性もあるでしょう。

そうは言っても、霊感が強く「霊媒体質の方」は現在でも日本人には多く、特に「浮遊霊」成仏していない魂に取りつかれたり、数多くある「宗教団体」には有る意味善かそうではないかと言うと、そうではない方が指導者だったり、カルトや黒魔術に心を奪われている方も本人は「善い物・願いを叶える」として崇拝している方も多いのは事実です。

寿命は伸ばせないのが事実ですが、この黒魔術では延ばせるのです。そこに落とし穴があることに気が付いていない方が多く、「助けてやったから見返りを与えて欲しい!」が多くのカルド団体には存在しすることを書いておきますので、何か気になった方は今すぐその宗教団体を抜けて下さい!

抜けることは難しいと言われていますが、あなたがどれだけ本気で抜け出したいのか?で変わってくることを知っておいてください。

確かに霊感が強くて、憑依体質の方は「楽になりたい!」が先行するので、知り合いや紹介で霊能者や宗教団体を頼りがちですが、その時に、半歩立ち止まってよく考えて見て下さい。

本物の霊能者は存在します!

誰を頼って良いのか判らない時は、凄腕の霊能者をご紹介しますし、私でお役に立てる事であればご相談ください。

最近、訳の分からない宗教団体や霊能者が増えていますのでくれぐれもお気を付けください!

今日もお読みいただきありがとうございました

。愛と感謝を込めて・・・・・

 お問い合わせはこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました